Blog

SO9シェルフ|製品コンセプト

アウトドアで荷物の運搬に困ったことありませんか?

車に荷物を積む時のコンテナは便利ですがキャンプ場では隅で置物になっていたり、そのまま押し込むと車の中での安定性に問題があるしバラバラの荷物を運ぶのが大変だったり。最適な運搬方法が見つからない方も多いはず。

SO9シェルフは、荷物の運搬に関するこのようなストレスを解消するために作られました。

目標:荷物運搬のストレスをなくす道具

”アウトドアを最大限楽しむために、荷物運搬のストレスをなくす”

本来の目的である、アウトドア体験をより豊かにするために、その過程で生じるストレスを少しでも減らしたいと考えたことからSO9シェルフは生まれました。SO9シェルフは、目的地への道中・目的地での準備・さらには自宅での荷物積み込みなど、あらゆる場面で生じる、”荷物運搬”のストレスを軽減する道具です。

自宅の棚をアウトドアに持ち出す

”ガレージの棚をそのまま持ち出せないだろうか”

折りたたんだり・物を積み替えたりする必要はなく、ガレージの棚をそのまま持ち出せる。そのままの状態で、あらゆるシチュエーションで便利に使える。そんな製品がベストだと考えて形状を決めていきました。

ガレージなど自宅でも棚として利用できるように、スタッキングした状態でも20kg/段の対荷重をもたせています。スタッキングシェルフなので一段ごとに分離して、ちょうど良いサイズで使っていただけるのもポイントです。

コンテナとして荷物運搬

そして、S09シェルフの一番の特徴は、荷物を入れたまま持ち運べること。一度にたくさんの荷物を運べるので、車への積み込みや荷物の運搬が格段に楽になります。また、そのまま車載スタッキングシェルフとしても利用することができます。しかも、オフロード走行でも崩れない安定したスタッキング構造で、ラゲッジスペースを立体的に利用することができます。

*大きな遠心力がかかったり、揺れが大きいことが予想される場合、シェルフの長辺が車の左右方向にくるよう積み込んでください。また、後部座席に密着させることで急ブレーキによる荷崩れを防ぐことができます。

コンテナではなくSO9シェルフを選ぶ理由

コンテナの利用シーンで、スタッキングすると下段から荷物を取り出しにくかったり、上に物を乗せると中身へのアクセスができなくなったり、というのは結構よくある状況ではないでしょうか。荷物運搬のために作られたコンテナは、棚として使うには決して便利とはいえません。

SO9シェルフは両サイドから荷物を引き出せるので、スタッキングしても簡単に中身にアクセスできます。オプションの天板を利用すれば引き出し付きのテーブルとして利用可能です。もちろんスタッキングする段数を変えてワークテーブル・ローテーブルどちらでも使い分けていただけます。

車中泊キャンプなど、それほど大型の荷物が多くない場合などは、SO9シェルフが2段あれば全ての道具を積み込むこともできるはず。現地ではテーブルにもなるので、SO9シェルフだけでキャンプを完結させることもできるかもしれません。
公式オンラインショップで購入

関連

製品の素材について