ジムニーで快適に車中泊する方法

見たことのない絶景、行ったことのない秘境。自然を愛する僕たちにとって掛け替えのないキーワードではないでしょうか。これらの”非日常”と、一番自然に関わる方法は何か?

ずっと以前から多くの人によって考察されてきたこの悩みを、アウトドアを志向する人々に絶大な人気を誇る「ジムニー」を中心に考察してみました。

”冒険的”旅行に最適なジムニー。宿泊は?

小さな車体・並外れた走破性、愛くるしいデザインなど、冒険的旅行の相棒としてジムニーを選ぶ理由は山ほどあります。普通の車だったらためらってしまうような細い道や荒れた道にも行ける、そんなジムニーの魅力に病みつきになる人は少なくありません。

ときには長期にわたることもある”冒険的”旅行にジムニーと旅立つ場合、従来はテント泊かが主流でした。車内スペースが小さいジムニーでは自然と「宿泊=テント泊」になってしまいますよね。もちろん宿をとることもできますが、自然の奥深くに入り込んでいる場合、下界に戻るための労力がネックでした。

ジムニー旅行においてテントよりも快適かつ簡単に宿泊できる方法はないか?長年考察されてきたこの課題にひとつの解決策があります。

「バンライフ」を知っていますか

ジムニーで快適に宿泊する方法を説明する前に、少しだけ補足情報を説明させてください。

近年ひそかに人気を集める「バンライフ」というアウトドアスタイルを知っていますか?バンタイプの車に必要最小限のアイテムを積み込み、長期間にわたる旅行や生活をしてしまおう、というスタイルをバンライフと呼びます。バンライフの特徴は以下のようなものです。

  • 必要最小限のアイテム
  • 移動の邪魔になる物はなるべく持たない
  • 車内で長時間快適に過ごす

このような点は、ジムニーに乗る僕らのような人種、大自然を開拓する人々にとっても非常に魅力的ではないでしょうか。

ジムニーで快適に車中泊

RV車の積載性改善

記録未見の林道、観光客の寄り付かない自然の内院など、ジムニーをはじめとするRV車で出かけるような自然は、魅力であふれています。

これまではRV車での宿泊は”無理を強いられて当然”でした。狭い車内で苦しい仮眠をとるか、わざわざテントを設営するか、という苦渋の決断を強いられてきたのです。

それはそれで楽しいのですが、長期旅行や悪天候の際などにストレスなく宿泊できるかについては疑問が残ります。そもそも未開の自然が残されている環境というものは得てしてアクセスが悪い場所にあるものです。そんな場所までわざわざ遠征して、数泊の”苦行”を行う。スタイルとしてはカッコいいのですが、「もう少し快適に宿泊したい」というのが本音ではないでしょうか。

より遠く・行ったことのない場所へ遠征するならば、たとえ想像以上の悪路で目的地まで到達できなかったとしても、安心してビバークできる方法を考える必要があります。もちろん、雨や雪などの問題にも対処できることも前提です。

ジムニーでバンライフ!

バンライフは、”場所にとらわれず”自由に生きるライフスタイルそのものを指すものです。

「場所にとらわれず」というフレーズ、最高だと思いませんか。これはジムニーなどRV車で未開の地域を開拓する僕らにも共通で、限界まで前進して、その場で快適にビバークできるというのは、この上ない魅力です。

多くのRV車において、成人ひとりが横になるスペースの確保はそれほど難しくありません。小型が売りのジムニーですら、身長180cmの成人男性でが横になることは可能です。しかし、快適に宿泊するには工夫が必要です。

人ひとり快適に寝られるスペースを確保しつつ、いかに荷物を効率よく収納するかが快適性を決定づけるのです。掲載写真のように、荷物を整理できて車の揺れにも対応できる棚があればこの上なく便利ですが、車を改造するとなると金銭的に厳しいし、そもそも車に穴を開けるなどの加工にも抵抗がある、という人は多いのではないでしょうか。

*車両は最新型のジムニーおよびジムニーシエラを想定しています(JB64W・JB74W)

SO9シェルフという革命

先ほどの写真にある棚、じつは備え付けの棚ではなく、積み込むだけで簡単に車内ラックとして使用できる「SO9シェルフ」という商品です。

SO9シェルフはそもそもバンライフのために開発されました。「無改造の車でバンライフする」というコンセプトが特徴です。

このSO9シェルフがRV車と非常に相性が良いのです。車の揺れに対応できるように設計されているのでオフロード走行も問題ありません。しかもRVボックスなどと組み合わせて引出し付きの車内ラックとして利用できるので、車内で炊事や着替えなどを完結させることができます。

*長時間もしくは本格的なオフロード走行の場合スタッキングせずに利用するなどの対策をお勧めします。

SO9シェルフの使用イメージ

スタッキングにより空間を効率的に使用できてジムニーの物足りない積載性を改善するのにうってつけです。また、車外に持ち出しても様々な使い方ができるので、キャンプなどでも活躍すること間違いなしです。

車載動画

このとおりオフロード走行も問題ありません。

良い冒険を!

宿泊の不安を無くすことこそ、より遠くへ・より知らない場所へ、もっと気軽に行くモチベーションになると個人的に確信しています。

皆様におかれましても、良い冒険を!

関連

もっと気軽にバンライフしよう!

バンライフ・エブリイ|140万円|新車・コンプリートカー

【レンタカー】バンライフエブリイ|¥8,000(24時間)

【キャンピングカー】バンコン vs キャブコン|日本で乗るならどっち?

バンライフが旅行スタイルとして優れている理由

バンライフに最適な車の選び方

ジムニーで快適に車中泊する方法