製品情報

アウトドア豆炭こたつ 発売

アウトドア豆炭こたつは、電源不要のアウトドア用コタツです。コタツで暖まりながら、冬のキャンプを楽しんでみては?

「アウトドア豆炭こたつ」の特徴

  • 熱源は電源不要の「豆炭こたつ」
  • アウトドアに最適化された設計
    – アウトドアで映える八角形の天板
    – 片手で持ち運べる10kgの軽量設計
    – 折畳み時の厚さ6cm
  • 天然木素材のみを使用
  • ウレタン塗装済み(天板表面は厚塗り仕様)

* 天然素材のためバラつきがあります

組立時

「アウトドア豆炭こたつ」はアウトドアでの利用を前提に設計されたコタツです。直径約90cmの天板は多人数での使用可能なゆったりサイズです。

これまで、冬キャンプなどで暖をとるには焚火や石油ストーブが一般的でした。ときには薪ストーブを使用するなど様々な試行錯誤がされてきましたが、いずれも準備が大変だったり火傷の危険性があったり、気軽に採用できる方法ではありませんでした。

そんな現状に一石を投じるべく開発されたのが「アウトドア豆炭こたつ」です。本体のテーブルは軽量でありながら頑丈で、アウトドアで映える八角形の天板を採用。熱源には電源不要で20時間暖かい「豆炭こたつ」を使用することで、場所を選ばず暖をとることができます。こたつ布団は自宅用のものを、そのまま使用していただけます。

いったん火をくべれば一晩中暖かく、ススや煙が発生することはありません。触れても火傷することのない専用ケース付きのため、お子様やペットがいても安心です。また、マッチなどで簡単に着火できる火起し不要の「スーパーマメタン」を使用すれば準備も簡単です。

また、こたつとして使用しない場合でも、センターポール穴付きのテーブルとしてご使用いただけます。

必要なものは、たったこれだけ!

「アウトドア豆炭こたつ」を屋外で使用するために必要なものは、たった3点だけ。

  • アウトドア豆炭こたつ本体
  • 燃焼器(ミツウロコ製・285mm角推奨)
  • こたつ布団(指定なし・一辺185cm以上推奨)

たったこれだの準備で、場所を選ばずコタツで温まることができます。

女性でも簡単に持ち運びできます

重量は約10kg。折り畳んで付属バンドで縛ることで、簡単に運搬できます。

熱源は電源不要の「豆炭こたつ」

内部に豆炭を入れる

  • 燃焼時間は15〜20時間(豆炭の種類により異なる)
  • 遠赤外線で体の芯から温まる
  • 「スーパーマメタン」を利用すれば面倒な火起こし不要
  • 専用の燃焼器とグラスマット・触媒で一酸化炭素発生を抑制
  • 人の肌に触れても安全な燃焼器ケース

熱源は「豆炭こたつ」を使用するため、電源のない場所でも暖をとることができます。豆炭こたつとは、豆炭*1を使用した熱源で、電気が普及する以前から一般的に使用されてきたものです。遠赤外線で体の芯から温まるため、電気こたつ以上に暖かいことが特徴です。

燃焼器が一酸化炭素の発生を抑制し、触れても安全な専用ケースに入れて使用するため、お子様やペットがいても安心です。また、燃焼に伴う匂いや煙の発生もほとんどありません*2

なお、一回あたりの燃料代(豆炭9〜12個)は約100円で、経済的です。

*1 まめたん|練炭の一種|ホームセンターなどで広く流通しています
*2 燃焼が安定するまでの間、独特の匂いが発生する場合があります。匂いが収まるまでは十分に換気を行なってください。

仕様

  • 寸法:幅・奥行約90cm|高さ約40cm
  • 重量:約10kg
  • 素材:天然木積層板
  • 仕上:ウレタン塗装済
  • 燃焼器:ミツウロコ製「豆炭こたつ」|ケース285mmサイズ
  • こたつ布団:ご自宅のものを使用可能(185cm四方以上サイズ推奨)

*燃焼器・こたつ布団は付属しません。別途お買い求めください。

*SO9|エスオーナイン・火とアウトドアの専門 iLbfのコラボ商品です
*特許出願中

価格(税別)

 

アウトドア豆炭こたつ ¥39,800
アウトドア豆炭こたつ|黒 ¥49,800
燃焼器 ¥15,200

公式オンラインショップで購入

関連

アウトドア豆炭こたつの取扱方法