「バンライフ」「車中泊」3種の神器 & 道具選びの基準

アウトドアブームの中で、近年とくに注目度が高いバンライフ。バンライフは単なる遊び方の一つとしてではなく、ライフスタイルそのものを表す単語として浸透し始めるなど、大きく広がりを見せています。

必要最低限の生活用品を積み込んで生活を行うバンライフのスタイルは、色々なものに縛られている現代人からすると憧れる部分がありますよね。そこで、この記事ではバンライフに必要な、それも1ヶ月間など長期のバンライフでも通用する3種の神器を紹介することで、バンライフを身近なものにしていこうと思います。

最新の道具とかどこのメーカー、ということではなくて、より普遍的に通用する3種の神器を紹介します。ちなみに、現代風にバンライフと表現していますが、そのまま長期の車中泊でも通用するはずです。

バンライフの道具選び

バンライフといえば近年注目のアウトドア・旅行スタイルです。SNSなどで検索すると、オシャレな内装や自慢のアイテムたちなど、様々な投稿を見つけることができます。

しかし、実際にバンライフで長期間旅行(または生活)するためには、どのような道具を選べば良いのでしょうか?SNSでは綺麗な部分しか見えないので、実際のところ洗濯や洗い物など、一番気になる部分がわからなかったりします。

この記事ではオシャレかどうかという部分は一旦置いておいて、実際に長期間バンライフや車中泊を実践する際に生じる問題点にフォーカスしていきます。

必須アイテムではありませんが、実際にバンライフを始めると絶対に出くわす問題と、それを解決するための道具を紹介していきます。

バンライフにおける3種の神器

まずはバンライフをするにあたり、個人的には必須だと思っている3種の神器を紹介します。これらがあるかないかでバンライフを長期間継続できるか否かが決定すると言っても過言じゃないほど重要な装備です。

これらの道具以外にも必要な装備はたくさんありますが、愛車と3種の神器さえあれば1週間だろうと1ヶ月だろうと余裕でバンライフすることができます。

神器1.マット

一番重要なのはマットです。快適なバンライフを送るために、就寝時や休憩の快適性を左右するマット選びは慎重になりたいところです。

選び方のポイントは、就寝以外の時間をどのように過ごすかを、しっかり想像することです。

前提:折りたためること

マットは厚手になればなるほど就寝時は快適ですが、就寝時以外にマットをどこに置くのかも考慮する必要があります。マットを敷きっぱなしでは荷物が積載しづらくなってしまいますもんね。

備え付けのベッドを設置できる大型バンなどの車両であれば家庭用マットレスも良い選択肢ですが、一般的な車両では折りたたみ式やエアー式のアウトドア用マットを選ぶのが無難です。

マットの上で調理などの作業はしずらいですし、重い荷物を上に乗せることもできません。そのため、マットは快適性を最低限確保しつつ、収納時はコンパクトになるものを選ぶ必要があります。

設営の手間を考慮する

1日に何回も設営・撤収するとなるとエアーマットだとテンポが悪くなってしまいます。たかだか数分の差ですが、この差が「休憩するか・無理して前進するか」の判断に多大な影響を与えるので結構重要です。気ままな旅行ができるバンライフだからこそ、好きな場所で気軽に休憩できる、ということも重視する必要があります。

セルマットは設営が一瞬で完了するのがメリットで耐久性も高く、安価です。ごく一部の山岳用エアーマットなどと比較すると収納時は若干かさばる傾向がありますが、普通のグレードのものを選ぶ限りにおいて大きな差はありません。

エアーマットは断熱性やクッション性に優れていますが設営に手間がかかるので、運転中に眠くなった時などにサッと取り出して昼寝する場合などはセルマットに優位性があります。

ざっくりとした基準としては、就寝スペースに板を張るなどフラット加工が済んでいる場合はセルマットで十分ですが、そうでない場合は設営の手間は少し増えますがエアーマットがオススメです。

毛布やシュラフは季節に合わせて

マットさえしっかりしていれば毛布やシュラフはそれほど快適性に影響しません。強いて言えばシュラフはマミー型よりも封筒型の方が快適ですし、暖かい季節であれば毛布やブランケットで済ませてしまう方が楽ではあります。

シュラフは基本的に季節に合わせて適切な保温性能のものを選んでさえいればOKです。夏はなくても大丈夫。

神器2.ゴミ袋

バンライフを始めると必ず悩まされるのがゴミ問題です。

キャンプ場・ガソリンスタンド・高速のサービスエリア・コンビニなどゴミ箱自体はいろいろなところにあります。当然、その場で買ったものをその場のゴミ箱に捨てる分にはなんら問題はありません。

問題になるのは移動中や晩酌の際に発生するゴミです。必ず少量は発生しますし、放置すると悪臭を発生させるようなゴミが出ることも少なくありません。これらのゴミは上記のような施設で廃棄せざるを得ないのですが、問題はそこまでの運搬をどうするかということです。さらに、現地で捨てるときにも大きなゴミ袋を無理やり押し込む、というのは完全にマナー違反と言えます。

ゴミ袋の選び方

おすすめは業務用のポリ袋です。サイズは30cm*40cmくらい、厚さは0.1mmのものがベストです。

業務用厚手のポリ袋は、食品トレーや割り箸などを詰め込んでも滅多に破れません。さらに、渾身の力で圧縮しても問題ない耐久性があるので、ゴミを小さくできることもメリットです。また、30cm*40cmくらいのサイズがあれば、2人分の夕食・朝食のゴミを詰め込めるうえに圧縮すればゴミ箱に投入できるサイズになります。水分や匂いが外に出ないように、圧縮した後は空気が入らないように口を捻ってからガムテープなどで止めておきましょう。

このようにゴミ処理をしていけば、ゴミ箱を見つけたときにサッと処分できることはもちろん、1週間くらいなら全てのゴミを持ち帰っても、それほどかさばりません。

注意して欲しいのが、スーパーなどで販売している厚手のポリ袋です。多くのメーカーが厚さ0.05mm程度のものを厚手として販売していますが、これらは簡単に破けてしまうので役に立ちません。

神器3.コインランドリーで洗濯・乾燥できる衣類

長期になればなるほど問題になるのはゴミだけではありません。衣類も長期工程全ての着替えを持っていくのは非現実的なため、道中で洗濯をすることになります。

その際に重要になるのが「コインランドリーで洗濯できるか?」「乾燥機OKか?」ということです。

コインランドリーで洗濯できること

バンライフ中の洗濯はコインランドリーに依存することになります。衣類はラフに洗っても大丈夫なものがベターです。

ソフト洗いやクリーニングでないとNGな衣類は避けた方が無難でしょう。

乾燥機OKなこと

コインランドリーで洗濯できることと同じくらい重要なのが乾燥機にかけられることです。私自身、車内で干したり、晴れた日にロープを張って干したり、いろいろな方法を試しましたが、結局一番楽なのはコインランドリーの乾燥機で乾燥させてしまう方法でした。

乾燥機を利用することで1時間くらい余計に時間がかかることは事実ですが、天候に影響されず、周囲に迷惑をかけない方法を追求すると結果的に乾燥機を利用する以外は無いように思います。

乾燥機で乾かしてしまえば、コインランドリーの机で畳んで収納まで終わらせることができるのもメリットです。車の中で干すと乾燥した順番にしまっていくことになるので、収納がぐちゃぐちゃになってしまうことが多く、後から余計な時間がかかることが多いです。

調理する人はテフロン鍋を

車内での調理が想定されるならテフロン加工の調理器具がオススメです。複数人の場合は人数分用意して、お皿と兼用することで洗い物を最小限にすることができます。

テフロン加工の調理器具でなければダメな理由は、何と言っても「洗い物が楽だから」です。道の駅を利用する場合は洗面所での洗い物・洗濯は当然NGです。結果的にキッチンペーパーやウェットティッシュで拭くしかないのですが、テフロン加工でない食器を使用すると汚れが落ちにくいだけでなく匂いがずっと残ったりします。

普通の食器に海鮮類などを盛ってしまうと、数日間生臭さが取れなくなってしまいます。その点テフロンは素晴らしく、さっと拭いただけで汚れも匂いも簡単に取れます。

まとめ

長期間バンライフや車中泊を継続するために必須の道具をピックアップしてみました。

これ以外にも照明やポータブルバッテリーなどの道具があれば、バンライフはもっと快適なものになります。ですが、最低限これだけ、という道具はここに載せた3種類だけです。私自身も学生時代はこれら3つの道具だけで1ヶ月くらいの旅行は何度も経験しました。

その頃はスマホやPCなど持っていなかったので、現代では電源確保の重要度が増していますが、この点は現代人の得意分野なので特に書く必要も無いかと思い、省略しています。

関連

バンライフ用品|コンプリートカー|SO9(エスオーナイン)

バンライフエブリイ|税込131万円|バンライフ用コンプリートカー

バンライフシェルフ|積み込むだけで愛車をバンライフ・車中泊仕様に

【キャンピングカー】バンコン vs キャブコン|結局どっちが良い?

バンライフが旅行スタイルとして優れている理由

バンライフに最適な車種の選び方

軽自動車でバンライフは可能!車種選びの基準とは?

「バンライフ」「車中泊」3種の神器 & 道具選びの基準

長期バンライフ・車中泊を劇的に快適にする方法とは

ジムニーの車中泊をグッと快適にする方法

【レンタカー】バンライフエブリイ|¥8,000(24時間)