【キャンピングカー】バンコン vs キャブコン|日本で乗るならどっち?

近年、キャンプを中心とするアウトドアブームの高まりにってキャンピングカーへの注目度が高まっています。設営の手間がなく電源や空調が完備されているなど、苦労なしに旅行やアウトドア体験ができることが魅力のキャンピングカーですが、「バンコン(バンライフ)」と「キャブコン」と呼ばれる2つののジャンルがあることをご存知でしょうか。

快適な居住空間を備えるこれらキャンピングカーですが、日本国内で使用するならどちらが良いのか?という疑問にお答えします。

キャンピングカーは大きくわけて2種類

バンコン(バンライフ)

バンと呼ばれる、ワンボックスの商用車をベースにした車両がバンコンと呼ばれるタイプのキャンピングカーです。商用バンの広大な荷室空間を活用して居住スペースを確保しています。

バンライフもバンコンの一部

近年急激に人気を集めている「バンライフ」というスタイルもバンコンの一部ですが、内装に天然木をあしらったり、アウトドア用品を組み合わせるなど、ユーザーごとに様々な世界観を表現できるのが従来のバンコンとの違いです。

キャブコン

写真はイメージ

トラックの荷台部分に、居住空間をゼロから作り上げるのがキャブコンと呼ばれるタイプのキャンピングカーです。ベースとなる車両サイズが同等であれば床面積はバンコンと大差ありませんが、天井高がバンコンよりも確保されているのが特徴です。

バンコン vs キャブコン

日本国内において、観光旅行・アウトドア旅行問わずキャブコンよりもバンコンのほうがフィットしている、というのが私の基本スタンスです。その理由を、それぞれの特徴を比較しながら説明していきます。

1.それぞれの特徴

詳細な比較をする前に、バンコン(バンライフ)とキャンピングカーのざっくりとしたキャラクターを比較してみましょう。

バンコン(バンライフ)

バンタイプの車両の外装はそのままに、内装を中心にカスタマイズするのがバンコンです。運転は普通車とほとんど変わらないフィーリングで、燃費やハンドリングが良好なため機動力に優れています。

超高性能なシェルターといえる自動車ボディをそのまま居住空間として利用するので、天候や気温による不快感は皆無です。雨風をしのげ、電源があり、虫も侵入してこない。いざという時は空調も効くという、車ならではの快適性は居住空間も共通です。

トイレなどは外部に依存する一方で、場所や天気を問わず「くつろぐ」「寝る」など快適に滞在する機能は十分に備えているのが特徴です。

キャブコン

写真はイメージ

キャンピングカーはトイレ・シャワーを含めた水回りをはじめ、家電専用の補助電源を備えるのが特徴です。装備重量が大きく重心が高いキャンピングカーは峠道や風の強い海沿いなどでの運転は苦手としています。

大陸文化のなかで育まれたキャンピングカーは、広大な大地の中で補給を行わず長距離移動する機能に特化しています。そのため、燃費やハンドリングよりも、トイレや水などの確保が難しい環境でも旅を続けられることが重要視されているのです。

「移動する家」と呼ぶにふさわしい豪華な装備を持つキャンピングカーは、日本一周旅行など数ヶ月にわたる長期旅行に最適です。一方で、水回り設備などの装備は数日〜1週間程度の短期旅行では利便性よりもメンテナンス・後始末にかかる手間のデメリットが際立ってしまう場合もあります。

「帰宅後にトイレのメンテナンスしたくないから道の駅のトイレ使うわ」というのはキャンピングカーあるあるのようですね。

2.車両価格

バンコンとキャブコンで、大きく違うのが車両価格です。当社が販売する軽自動車ベースのバンライフ車両「バンライフエブリイ」の本体価格が140万円〜と安価なのに対して、軽トラックベースのキャンピングカーとなると300万円以上が相場です。

自動車ボディをそのまま居住空間として利用するバンライフと、一から居住空間を作るキャンピングカーでは、製造コストが大きく異なる結果、大きな価格差が生じるのです。

3.居住空間

ドライブ

空間の広さ

ベース車両の大きさが同等ならば床面積も基本的に同等です。大きく異なるのは天井の高さで、この点は居住空間をゼロから作るキャブコンが有利です。天井の高さを生かして2段ベッドが採用されている車種などもあります。ただし、天井が高苦なると重心が高くなり運転がしにくくなるトレードオフの関係にあります。

快適性

機密性や静寂性などの快適性は基本的にバンコンの方が有利です。その理由はバンコンが車のボディそのものを居住空間にしているから。そもそも、車のボディは非常に性能の高いシェルターとしての機能を持っています。最先端の技術により高品質かつ均一に生産されるバンコンのボディは、もとから高次元の快適性が約束されています。

キャブコンの快適性は価格によって大きな差があります。低価格モデルでバンコン同等の機密性や静寂性を実現することは難しいのですが、高価格モデルの場合はバンコンと同等の快適性を実現しているモデルも存在します。

開放感

ざっくりと分類すると、バンコン(バンライフ)は開放的、キャブコンは閉鎖的といえます。

近年とくに注目を集めているバンライフは開放的な空間を特徴としています。当社が販売している「バンライフエブリイ」も開放感を重視した作りをしています。これは、旅行に際して自然の中で滞在するとき、車の中に閉じこもってしまうよりも開放的な空間のほうが充実した時間を過ごすことができる、というバンライフカルチャーの考えかたによるものです。

キャブコンが周囲と隔絶された空間を作ることを重視しているのに対して、バンコン、なかでもバンライフは自然を感じることのできる空間を重視していると言えるでしょう。

その他

見落としがちなのが、運転席から居住空間へのアクセス性です。

運転席から居住空間へ、車外に出ずに移動できるバンコンの特徴は、悪天候時に重宝します。また、バンコンは車のキーで全てのドアを簡単にロックできるのに対して、キャブコンは居住空間専用のキーが必要な点も居住空間への移動を大変なのものにしています。

疲れた時や景色の良い場所で気軽に休憩するにはバンコンが適しています。

4.装備全般

装備の豊富さはキャブコンが優れています。水回りを中心にサブバッテリーなどを備えている車両が多く、自宅に近い生活空間といえるでしょう。大型車両ではトイレまで備えているものもあるなど、至れり尽くせりの装備がキャブコンの特徴と言えます。

結局どちらが優れている?

ここまでにバンコンとキャブコンを様々な観点で比較してきました。毛局のところどちらが優れているかという結論は「人による」ということになってしまうのですが、私個人としての結論を書きます。

勝者:バンコン(バンライフ)

記事の冒頭にも書きましたが、私個人の意見としてはバンコンの方が優れています。バンコン・キャブコンにそれぞれメリットはあるのですが、「人数は二人まで」「日本国内の旅行」に限ればバンコンの方が便利でしょう。その理由は次のようなものです。

理由①:キャブコンの装備は過剰

日本国内の旅行において、キャンピングカーで宿泊する場所といえば、キャンプ場・RVパーク・道の駅などが中心になります。これらの場所において、トイレ・水などに苦労することはありません。

電源についても、シガーソケットから充電できて数百ワットの家電すらOKなポータブル電源が安価に手に入る現代において心配不要です。

キャブコンが特徴としている、水回りや電源を中心とした装備は日本国内の旅行においては不要と言えるでしょう。

理由②:運転の快適さ

絶景や温泉が旅の目的に含まれているなら、運転の快適さは非常に重要です。コーナリングの安定性や切り返しの容易さなどが優れるバンコンのほうが快適に移動できます。

さらに決定的に重要なのが、運転の快適性が ”旅の射程距離” に直結することです。一日でどのくらいの距離を快適に移動できるかが、どこまで行けるかに大きく影響します。

世界的に見て休暇が少ないとされる日本人、長くても10日程度の休暇でどれほど遠くまで旅ができるかは、移動の快適さにかかっていると言っても過言ではありません。

イメージとしては、東京都起点で10日間の休暇を利用して、山口県の秋芳洞あたりで引き返すのか、熊本県の阿蘇山まで行けるのか、くらいの違いがあります。

理由③:カスタマイズ性

キャンプ

最初から全ての装備が備わっているキャブコンよりも、バンコンにおけるカスタマイズ性を重視すべきです。特に、余剰スペースが一切ない、軽自動車ベースのキャンピングカーの場合は重要なポイントといえるでしょう。

例えば、東京都から富山県を中心に日本海側を観光して、ついでに室堂から立山周辺を1泊2日でハイキングするプランだとしましょう。最初から収納棚などが備え付けられているキャブコンでは、登山用装備など大型の荷物をしまえるスペースはありません。結果的に居住スペースを圧迫することになり快適性が低下してしまいます。

登山

備え付けの収納スペースを最小限に抑えた「バンライフエブリイ」などのバンコンであれば、当社が販売している「バンライフシェルフ」のような、フレキシブルにカスタマイズできる収納棚を活用することで、大小問わず様々な荷物を積載することができます。また、ルーフキャリアが使用できることもバンコンのメリットで、登山用品のような特定のタイミングでしか利用しないものは車内に置かない、という選択肢もあります。

キャンピングカー全般が想定する旅行スタイルは、温泉巡りや観光スポット巡りです。そのため、アクティビティや趣味と組み合わせる場合などは、シンプルなバンコンが使いやすいといえるでしょう。

理由④:居住空間の快適性に大差なし

霧氷を見ながらランチ

バンコン・キャブコン問わず快適な居住空間が特徴のキャンピングカー。ですが、快適といっても限度があります。キャンピングカーの快適性は、運転席や助手席で寝るような、いわゆる”車中泊”よりも快適ですが、自宅やホテルの快適性とは程遠いものです。

私の場合、2週間以上の旅行となると、いかに快適なキャンピングカーでもシンドくなってきます。個人差はあるでしょうが、一定期間ごとにホテルなどを利用してリフレッシュする必要があるのは、バンコン・キャブコン問わず共通です。これは決して悪いことではなく、2週間に1回くらいは素晴らしい旅館や温泉街を発見して宿泊したくなるので、そのタイミングで自然とリフレッシュできます。

「かなり快適」な宿泊環境を提供してくれるキャンピングカーですが、バンコン・キャブコン問わずリフレッシュは必要です。そのため、居住空間の快適性に大差はないと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?バンコンを強烈にオススメする記事になってしまい恐縮です。しかしこれは、私自身が10年間で10万キロ以上、ときには数ヶ月に渡る期間、日本旅行を続けてきた体験に基づくものです。

旅先でトレーラーなどを含む様々なキャンピングカーに乗った人々と交流してきましたが皆同様に、最小限の装備で身軽に旅行できる私のスタイルに感心されていました。十分に快適な就寝スペースを確保しながら、狭い道はもちろん、時にはオフロード走行もこなす様子が実に自由に見えたのでしょう。

自由にカスタマイズできるからこそ、旅の目的を100パーセント達成できる。そんなバンコン(バンライフ)こそが日本における最適な旅行手段だと信じています。

関連

もっと気軽にバンライフしよう!

バンライフ・エブリイ|140万円|新車・コンプリートカー

【レンタカー】バンライフエブリイ|¥8,000(24時間)

【キャンピングカー】バンコン vs キャブコン|日本で乗るならどっち?

バンライフが旅行スタイルとして優れている理由

バンライフに最適な車の選び方

ジムニーで快適に車中泊する方法