バンライフに最適な車の選び方

旅行スタイルとして、アウトドアスタイルとして、さらにはライフスタイルとして近年注目を集めている「バンライフ」。オシャレで自由な雰囲気にあこがれて、始めてみたいと思っている方も多いのでは?

とはいえ実際に始めるにはどうしたら良いのでしょうか。どのくらいコストや手間をかければバンライフは始められるの?という疑問にお答えします。

2011年|剣山スーパー林道

バンライフという言葉が今ほどありふれていなかった時代、私の最初の相棒はトヨタ・bBというコンパクトカーでした。学生時代で資金もなく、格安の中古車しか買えない制約のなかコンパクトカーの中ではスクエアなボディもあって車内が広いbBを購入しました。

当然、最近の車のようにフルフラットにはなりませんし、コンパクトカーなのでそれほど収納スペースに余裕もありませんが、この車で30連泊以上の旅行を2回しています。そのうち1回は現在の妻と2人で45連泊しました。今になって思えば、この旅行は今で言うところのバンライフとほとんど変わらない価値観に基づくものでした。最小限の荷物だけを持ち、行ったことのない場所で滞在する。知らない文化に触れて今までにない価値観を獲得する、そのための道具はたとえ中古のコンパクトカーだって問題はないのです。

とはいっても30歳になった今、同じことをしようとしたら若干しんどいかも、というのが本音です。しかしながら今も変わらずバンライフこそ至高の旅行スタイルだと信じて疑いません。宿泊場所にとらわれないバンライフでは、綿密なスケジューリングは不要。ノーマークだった道中の場所が素晴らしければ予定変更してダラダラすれば良いのです。翌日は夜明けとともに出発してもいいし、もう1日ダラダラしても構いません。車を停めたら、そのままそこが快適なシェルターになるバンライフのユルさは一度始めたらやめられません。

バンライフに最適な車の選び方

本題のバンライフに最適な車種について。個別の車種としては代表的なものを最後の方で紹介しますが、基本的には判断基準を羅列していきます。この判断基準をもっていれば国産車・外車はもちろん年式やクラスを問わず選べるようになるんじゃないでしょうか。全ての基準を満たせば良いわけではなく、何を重視するかによって判断してください。

居住性編

荷室天井の高さ

意外かもしれませんが、荷室天井の高さが最重要項目です。なぜ荷室天井の高さが最重要項目かといえば、室内でくつろぐ際にリラックスできるかどうかに直結するからです。荷室で長時間滞在するバンライフにおいて荷室天井の高さは決定的に重要です。

具体的には高さ1,200mmくらいが目安でしょうか。これはローチェアに座った状態で身長182cmの私でも頭上に若干の余裕があるくらいの寸法です。荷室を上下2段に仕切るベッドなどもありますが、寝ている時は別として、食事の時やリラックスタイムなどでは快適とはいえないのでご注意を。

なぜこれほど天井の高さを重視するかという理由ですが、「天井の高さ」イコール「滞在の快適性」とした場合、荷室天井の高さを妥協してしまうと、滞在するか否かの判断にバイアスがかかってしまうからです。バンライフの素晴らしさは好きな場所で気軽に滞在できることです。美しい景色を見つけたらゆっくりすればいいし、気になるキャンプ場があればそこに泊まれば良い。ときには午前中で行動を打ち切ることもあるでしょう。積極的に滞在する判断をできるようにするためにも天井の高さは非常に重要なポイントです。

荷室長

当たり前かもしれませんが、荷室長も重要です。自分の身長+10cmくらいのサイズがあると快適に寝ることができます。身長ぴったりくらいのサイズだと、つま先が当たってしまうので若干の余裕が欲しいところです。

今回、二番目の項目にした理由は、運転席・助手席を利用すれば多くの車種で(フラットでこそないものの)結構快適に寝られるからです。これは私自身bBでバンライフしていた時の経験則です。私が運転席・妻が助手席で椅子を倒して寝ていましたが、45連泊しても全く問題ありませんでした。これは別記事で詳細を書く予定ですが、3連泊くらいすると運転席・助手席であっても熟睡できるようになります。慣れってすごいですよ。

中途半端なフルフラットよりも運転席や助手席の方が快適に寝られる場合も多いです。運転席や助手席で寝れば就寝前の荷物移動も最小限で済むというメリットもあります。

移動編

ボディサイズ

大きければ快適でしょ!とか短絡的に考えて、ハイエースのワイド・ロング・ハイルーフなんか買ってしまうと、ボディサイズのせいで行けない場所が増えてきます。

ざっくりとした判断基準ですが、登山・滝巡り・渓流釣り・秘境探索・野湯巡りなど、このあたりに興味があるならボディサイズは小さいに越したことありません。たとえ車幅2m全長6mだったとしても物理的に通行できない道というのはほとんどありません。しかし、場合によってはギリギリの険道を数時間にわたり走行する可能性があるということは考慮すべきです。軽自動車であればなんとも思わない道でも、大型車両ではとてつもなくハードに感じられるというのはよくある話です。

あとは最低地上高も結構重要だと思っています。ランクルやジムニーである必要はありませんが、最低地上高が低い車だと「頻繁に落石をどかす忍耐力」「ボディ底を擦っても動じない鋼の心」が必要です。目安は最低高150mmくらいでしょうか。私が学生時代に乗っていたトヨタbBという車がこのサイズでしたが、未舗装林道以外は問題ありませんでした。

オススメの車種

現行車両のなかでは「スズキ・エブリイ」「ハイエース(日産NV350)」がオススメです。

エブリイをオススメする理由

ハイエースはバンライフの定番車両なのでいまさら説明不要かと思います。意外にも感じられるかもしれないエブリイについて説明します。

エブリイの荷室は二人用テントとほぼ同じ

エブリイのフルフラットスペースの大きさは「長さ195cm・幅130cm」。これはアウトドア用の二人用テントと同じフットプリント(床面積)です。さらに、テントとは違って側面の壁が垂直なので、テントよりも広々としています。バンライフというスタイルにおいて、この広さは必要十分です。天井の高さも124cmあるため、ローチェアに座った状態でも頭上空間がしっかりと確保できます。

クラスを超えた広さ

以下の表を見れば一目瞭然ですが、エブリイの荷室広さはクラスを超越した広さ。ハイエースなど中大型の商用バンを除けば最も広いといっても過言ではありません。表の数値は赤いほど大きく・青いほど小さくなっています。

* 公称値不明の車種は当社調べによる。参考値としてご覧ください。

ハイゼットじゃダメ?エブリイ限定の理由は

軽商用バンの現行車は「エブリイ(スズキ)」「ハイゼット(ダイハツ)」の二車種のみ。その他メーカーで販売されている軽商用バンはOEMのため、中身はこれら二車種のどちらかと全く同じです。

エブリイで大丈夫ならハイゼットでも大丈夫じゃないか、というのは単純に疑問ですよね。じつは、エブリイを強くオススメするのには明確な理由があります。先ほどの比較表における荷室長ですが、エブリイの方が5cmほど長くなっています。たかが5cmと侮るなかれ、キャンプ用のマットやコットが設置できるか否かという境界となる5cmなのです。

もちろん、山岳用のマットなどは全長180cmくらいのものも多数ありますし、コットを使用しないという選択肢もあります。しかし、大半のギアを問題なく設置できて、高身長でも広々と過ごせる車種としてはエブリイのほうがが断然オススメです。

少し話がずれますが、グレードにより荷室がフルフラットにならないものがあります。4ナンバー(商用車)ではなく5ナンバー(普通車)登録となるグレードは要注意です。ちなみに軽自動車の場合は4ナンバー(商用車)登録であっても税金は4,000円/年、車検は2年に1度なのでご安心を。なお、エブリイはターボモデルの荷室が若干狭いので注意してください。

安くて広い軽バンこそ最強の道具。

関連

もっと気軽にバンライフしよう!

バンライフ・エブリイ|140万円|新車・コンプリートカー

【レンタカー】バンライフエブリイ|¥8,000(24時間)

【キャンピングカー】バンコン vs キャブコン|日本で乗るならどっち?

バンライフが旅行スタイルとして優れている理由

バンライフに最適な車の選び方

ジムニーで快適に車中泊する方法